イラストは言葉では伝えにくいことや、伝えきれないことを表現するのに有効な手段の一つです。

・教育やビジネスの現場で提供する内容の理解を助けるため

・興味を引くための、アイキャッチやサムネイルとして

・ブログやSNSに投稿する内容の補足やアイキャッチとして

一例をあげると以上ですが、様々な媒体でイラストが利用されています。

今回は情報や知識を伝えたいときに、イラストを使うメリットやコツについてのポイント3つを書いて行きます。

ポイント1:イラストの内容は、提供する情報や知識の内容に合わせる

イラストを使うときにまず考えるべきことは、イラストの内容が提供する情報や知識の内容に合っているかどうかです。

イラストから受け取る印象が提供する情報や知識の内容に合っていると、相手への伝わりやすさが変わります。

イラストと共に情報を受け取った相手は、文字や言葉だけの情報よりも内容の理解を深めやすくなり、それにより共感も得やすくなるのです。

逆に、イラストから受け取る印象が提供する情報や知識の内容と違えば、相手に混乱や不信感を与えることになります。

なので伝えたい情報や知識の内容とイラストが与える印象を合わせなければなりません。

そのためには、伝えたい情報や知識の内容とそれを伝える目的を明確に把握することがまず大切です。

そして、把握した内容を元にして、伝えるためにイラストを利用する意味や目的を考えましょう。

「○○ということは言葉では理解し難いから、イラストを使う」とか、「この流れを説明するのに横にイラストがあると、理解してもらいやすい」などです。

そうすれば、どのようなイラストが必要かを明確にイメージできるようになります。

最後に、実際にイラストを用意し、その目的を達成しているか(情報や知識の内容を)を確認し、利用しましょう。

ただ単にイラストを描いたり選ぶのではなく、何を伝えたいのかを明確にすることで、より伝わりやすくなります。

ポイント2:イラストの量は、ターゲットとなる顧客のレベルに合わせる

何かしらの情報や知識を伝える場合、その対象となる人がいるはずです。

マーケティング用語でターゲティングと言います。

ターゲットとなる人となりや行動、考え方などを想定し、その人が興味を持ったり理解できるようにコンテンツを用意します。

イラストはそのターゲットとなる顧客に、情報や知識を伝えたり理解度を高めるために利用します。

使用するイラストの量は、伝えたい情報や知識の内容に加え、ターゲットとなる顧客がその媒体を見る前にどの程度その情報や知識の内容を把握しているかで決める事ができます。

ターゲットの事を考えずにイラストの量を間違えると、相手に情報過多や情報不足を感じさせコンテンツから信用を得ることができません。

そのように感じさせられるならまだ良いかもしれません。

最悪の場合、多くの人の目に止まり理解を促すことを目的に作成したものが、誰の目にも止まらないし、理解もされない。ということもあり得ます。

伝えたい情報や知識を持つ顧客の属性のニーズや動機などを調査したり、アンケートを撮ったりしてターゲットとなる顧客を想定する中で、どの程度の情報や知識を持っている人を対象にするかも想定しましょう。

それにより、必要な情報量が決まり、イラストの量も決まります。

例えば、顧客の把握しているレベルが高い場合は、情報や知識を詳細に説明したり、専門的な用語やイメージ形成を助けるイラストよりも図表などのリアルな数値を視覚的に表現するものを多めにする方が、顧客としては有益な情報元となりえます。

逆に、顧客があまり把握していないと想定する場合は、情報や知識を簡潔に説明し、わかりやすい言葉を使うと共に、イメージを把握できるようにイラストを準備する方が良いでしょう。

そうすることで、イラストの数や大きさや配置などの量に係わる数も決まり、レイアウトなども決めることができます。

ターゲットとなる顧客を想定することは、慣れないうちは時間がかかるかもしれません。

しかし、提供する情報や知識を届けるためには時間を掛けてでも取り組むべきです。

ポイント3:イラストの質は、ターゲットとなる顧客の目的に合わせる

内容・量に続き考えたいものは質です。

イラストの質がターゲットとなる顧客の目的に合っていれば、相手に適切な情報の価値や重要性を伝えることができます。

入門編のようなものであれば、理解しやすく親しみやすいイラストを使う事で、理解を助けると共に、興味を持続させやすいものです。

しかし、同じイラストを上級者向けに使用しても、思ったような効果は期待できないかもしれません。

なので、ポイント1の内容とポイント2の量を合わせて考える事になるのがポイント3の質です。

伝えたい情報や知識がターゲットとなる顧客により伝わりやすくなるように、デザインを調整したり、表現を工夫したりでき、より顧客に伝わりやすいイラストにすることができます。

なので、内容をより伝えやすくするために、気を配るのべきなのが質とも言えます。

イラストは第一印象が重要なので、質を高くすることでより伝えたい情報や知識を受け取ってもらいやすくなります。

まとめ

何かを説明する場合に、イラストという視覚効果を利用する事で、情報の伝わり方が変わります。

また、プレゼンテーションなど対面での場で、コミュニケーションを活発にする要素として利用されることもあります。

利用する時には、イラストの内容・量・質を考慮することで、その効果が変わります。

良質なコミュニケーションを助ける効果が、イラストにはあるのです。



イラスト制作例


伝えたい事を分かりやすく、魅力的にできる「イラスト」。


当社で制作したイラストを一部公開しています。
是非ご覧ください!

イラスト制作します!

・ホームページなどの自社メディア  
・SNSやブログで使うアイコンやバナー
・パンフレットやチラシなどの紙媒体 
などなど・・・!

用途に合わせたイラストの制作を随時承っております。
あなたの利用するメディアの魅力を寄り引き立たせる、
オリジナルイラストを作成してみませんか?
当社の作成するイラストに興味をお持ちでしたら、
お気軽にご相談ください!

当社のイラスト制作例
イラスト関連のブログ記事
当サイト内にあります。

前の記事

次の記事

こちらも読まれています

お問い合せ

この記事の内容や当社についてのお問い合わせはこちらのフォームをご覧下さい。

ご利用前に当社のプライバシーポリシー免責事項をお読み下さい。

送信ボタンを押された時点で、当社プライバシーポリシー又は、免責事項にご同意頂いたものとみなします。